amazonseoul

「アレルライトハイパー」の効果を調査!配合成分にはどんな働きがあるの?

アレルライトハイパーの効果 3つのポイント

日清 アレルライトハイパー
ここがポイント!
  1. アレルギーに負けないコンディションを整える
  2. 3~4週間の摂取で効果を発揮
  3. 皮膚や粘膜を守るビオチン

※参考 ⇒日清食品公式「アレルライトハイパー」初回限定1,980円でお得に始められます。

アレルライトハイパーにはどんな効果があるのか

アレルライトハイパーの効果に影響する成分が「リフレクト乳酸菌」「ビオチン」の成分になります。

それでは、どのような働き・効果があるのか紹介していきます。

リフレクト乳酸菌の効果1:花粉症の症状を軽減する

リフレクト乳酸菌(ラクトコッカス・ラクティス T-21株)は、ツルコケモモ(クランベリー)から発見された植物性乳酸菌です。

このリフレクト乳酸菌を継続的に摂取することにより、花粉症の症状である「鼻づまり」「鼻のかゆみ」「くしゃみ」を軽減することがヒト実験で実証されています。
花粉症には4週間の摂取で効果があることが実証されました。

例年スギ花粉症を発症している被験者19名に、「T-21乳酸菌を含む食品」あるいは「T-21乳酸菌を含まない食品(プラセボ食)」を4週間摂取して頂いた後に、花粉曝露施設内でスギ花粉を3時間曝露し花粉曝露施設内での症状の変化を解析しました。
その結果、「プラセボ食」を摂取した時に比べて、「T-21乳酸菌を含む食品」を摂取した時は「鼻づまりの症状」が統計学的に有意に緩和され、「鼻のかゆみ」と「くしゃみの回数」について軽減される傾向がみられました。
また、花粉曝露後2日間の遅発反応を調べた結果、「T-21乳酸菌を含む食品」を摂取した時は「鼻づまり」、「眼のかゆみ」、「流涙」が統計学的に有意に緩和されることがわかりました。
さらに血液を調べたところ、好酸球が摂取前に比べて「プラセボ食」を摂取した時は増加しましたが、「T-21乳酸菌を含む食品」を摂取した時はその増加が抑えられ、「プラセボ食」を摂取した時に比べて統計学的に有意に少ないという結果が得られました。
また、花粉症を抑制する免疫調節物質であるインターフェロン-γは増加する傾向がみられました。
引用 https://cdn.nissin.com/gr-documents/attachments/news_posts/5090/4fb2707eb21ba276/original/20160316-01.pdf

リフレクト乳酸菌の効果2:通年性鼻炎の症状を軽減する

通年性鼻炎は、ハウスダストなどに反応して一年中「くしゃみ」「鼻みず」といった症状が出てしまうものです。
リフレクト乳酸菌を継続的に摂取することにより、「鼻粘膜の腫れ」や「鼻粘膜の赤み」を軽減することがヒト実験で実証されています。
通年性鼻炎には3週間の摂取で効果があることが実証されました。

通年性鼻炎を発症している被験者23名を2群に分け、11名にはリフレクト乳酸菌 (T-21株) を含む食品、もう一方の12名にはリフレクト乳酸菌 (T-21株) を含まない食品(プラセボ食)を摂取してもらいました。
その結果、リフレクト乳酸菌 (T-21株) を摂取した被験者では、摂取前に比べて「鼻粘膜の腫れ」が緩和されており、またプラセボ食を摂取した被験者に比べても軽減していることが明らかになりました。
「鼻粘膜の赤み」もリフレクト乳酸菌 (T-21株) を含む食品を摂取した被験者では、摂取前に比べて改善していました。
さらに、リフレクト乳酸菌 (T-21株) を含む食品を摂取した被験者は、花粉症を悪化させる血液中の免疫細胞である2型ヘルパーT細胞(Th2細胞)が減少していることもわかりました。
引用 https://nissinhealth.jp/

ビオチンの効果1:皮膚や粘膜の健康維持を助ける

ビオチンはビタミンB群に分類される水溶性ビタミンの一種で、ビタミンB7とも呼ばれています。
皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
食物から取れるほか、腸内細菌によっても合成されるので、不足するということは稀です。
ただし、欠乏すると「アトピー性皮膚炎」「湿疹」の原因となることがあります。

「アレルライトハイパー」を飲んだ人が感じた効果

  • ムズムズすることが減った
  • 花粉の季節でもだいぶ楽になった
  • 体が痒くなることがほとんどない
  • 朝起きた時の頭痛がない

最近のテレビCMなどで「アレルギーには免疫力を上げる、免疫力=乳酸菌」というイメージがあるので、特に花粉が気になる人に飲まれています。
花粉症の人を対象とした実験が行われていますが、4週間飲み続けた結果なので、早めに飲んでおくことが健康につながりますね。

まとめ

最後に、アレルライトハイパーの効果について、おさらいしましょう。

・アレルギーに負けないコンディションを整える
・3~4週間の摂取で効果を発揮
・皮膚や粘膜を守るビオチン

免疫調整物質のインターフェロン-γの産生を促進することで、花粉やアレルギーに負けないコンディションを作り健康を支えてくれます。
実験でも効果が出るまで3~4週間ほど時間が掛かるので、特に敏感な人は早めに飲んでおくといいですね。